新築一戸建てを購入する時に知っておきたい基礎知識

見晴らしのいい家

建売住宅、注文住宅

作業服の男

新築の一戸建て住宅を取得する方法は2つあります。建売住宅と注文住宅です。
建売住宅というのは、土地付きの建物のことで、注文住宅というのは、土地を購入してから家を建てるという方法です。
建売住宅は、業者が建築した住宅を土地付き建物として購入するものです。建売住宅と同じように、土地と建物を合わせて購入する方法があります。
それは、建築条件付き土地の購入です。
指定業者との間で、一定の期間の内に建築工事請負契約を結ぶことを条件として土地の売買契約をするというものです。
これを売建住宅と言いますが、売建住宅と建売住宅は混合されることがよくあります。
新築一戸建てをと一言で言っても、建売住宅と注文住宅では大きな違いがあるのです。

建売住宅を購入する方法は、マンションを購入する方法と近いです。
同じ一戸建てでも、注文住宅と建売住宅では購入の流れは大きく異なるので、注意が必要です。
売建住宅は新築マンションの場合と異なる点が様々あるので、物件を確認する際は理解しにくい部分も多々あります。
また、新築一戸建てと中古一戸建てでも異なる部分もあります。

革新的な技術

ホームページサンプル

メリット

マンション、アパート、一戸建てなど住宅の形態は様々です。それぞれのメリットを知っておくと、自分に合った住宅を見つけることができます。
アパートと一戸建てでは大きくメリットは異なります。

» 詳細を確認する

流れ

住宅を購入する、というのは人生で何度もあることではありません。だからこそ、失敗しないために慎重に行う必要があります。
購入を成功させるために、流れを把握しておいた方が良いです

» 詳細を確認する

インターネット

良い物件を購入したい場合は、物件の情報をとにかくたくさん集めることです。情報量が多ければ多いほど、良い物件に巡り合う確率も高くなります。
インターネット、広告、不動産会社など情報を集める方法は様々あります。

» 詳細を確認する

住宅ローン

新築一戸建てを購入する場合は基礎知識を持っておく必要があります。知識が無いと購入した後に後悔したり、トラブルが起きたりすることもあります。
持っておきたい知識は住宅ローンのことです。

» 詳細を確認する